home ホーム

保育士のおすすめ転職先を解説するほいてん
保育関連職 or 異業種?

保育士のおすすめ転職先、テーマパーク職員についてご紹介します!

保育士として日々仕事を頑張る皆さんこんにちは!

保育士の転職先をご紹介するサイト、ほいてんです!

今回保育士からの転職先に紹介したいのはこちら!

テーマパークやレジャー施設・遊園地などで保育の知識や経験を生かして働くスタッフへの転職です!!!

保育士として保育園で働くよりも対応する子どもの年齢には幅があるものの、「子どもと一緒に楽しみたい!」「子どもの喜ぶ顔・キラキラした笑顔がみたい!」という方はぜひおすすめしたい転職先です。

それでは早速、テーマパーク・レジャー施設スタッフの具体的な仕事内容や待遇などを見ていきましょう!

【保育士からの転職】どんなところで働くの?

保育士からのおすすめ転職先、テーマパーク職員

具体的にどんなところで働くのかを、まずはご紹介します。

かなり幅も広いので、自分も楽しんで働けるような転職先を選んでみてくださいね。

保育士のおすすめな転職先▶遊園地やテーマパークの職員

保育士からの転職先でおすすめなのがテーマパーク職員!

託児所職員

パーク内などに託児所が設置されているところがあります。短時間の利用が多く、預かる子供も毎日違うため、臨機応変な対応が必要となります。

スキー場などのシーズン限定レジャーや、大型の子育てイベントなど、期間限定の託児所もありますよ。

採用時には保育士資格が必要となる場合がほとんどです。

運営スタッフ

幼児向けのテーマパークや子供関連のイベントでは、運営スタッフとしても子供と接する機会があります。

子どもたちを楽しませると同時に、安全にも十分な配慮が必要な仕事なので、資格や保育士経験が重宝される場合があります。

迷子センター・ベビールーム

施設内の迷子センターやベビールームの担当職員として活躍することもできます。

保育士資格は基本的に必要ありませんが、泣いている子供を落ち着かせるなど、保育士としての経験を大いに活かせる場面が多い仕事です。

(引用:テーマパークやレジャー施設で働く!保育士資格・経験を活かせる仕事まとめ


このようにただ一口に「テーマパークの職員」といっても多種多様な係があります。

その中でもおすすめなのが運営スタッフ。

保育士の仕事では、子どもの前にたってお歌を歌ったりダンスをしたり、なにか説明をする機会がよくあったと思います。

テーマパークやレジャー施設スタッフも保育士の仕事同様、子ども向けイベントで司会進行をしたり、子どもたちが楽しんでくれるように場を盛り上げられるスキルが必要になるので、元保育士の方にはぴったりだと思います。

子どもの前にたって一緒に楽しみたい!という方におすすめな転職先なのは、テーマパークの運営スタッフです。

保育士のおすすめな転職先▶スキー場やプールなどの臨時・季節限定のお仕事

保育士の転職先、テーマパーク職員って?

スキ―場の託児所職員

シーズンになると、大型スキー場の多くで、子連れでも楽しめるように託児所が併設されます。臨時の職員ではありますが、そういったシーズン限定の施設で保育士資格を活かすこともできるでしょう。

イベント職員

大型の子育てイベント、親子参加型イベントでは、会場の一角に託児スペースを設けたり、キッズコーナーを設置したりすることがあります。求人自体は決して多くはありませんが、一度に多くの子どもたちのお世話を担当するので、経験を活かして活躍することも可能です。

こちらはスキー場やプールなど期間限定でのレジャー施設のお仕事。

もちろん家族連れも多いスポットなので保育士が活躍できる場所であることは間違いなしです!

しかし期間が限定的であることから、臨時職員となります。

なので安定を求める方の場合は不向きかもしれませんが、Wワークの方やリゾートバイト気分で子どもと接しながら働けるというメリットもあります。

しかしもちろん子どもを安全に事故なく過ごせるように保育をしなくてはならないので、責任感は問われます。

(引用:テーマパーク×保育士~夢のある職場で資格を活かそう!~


他にもこちらのサイトでも、保育士のおすすめな転職先としてレジャー施設スタッフの紹介がありましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

遊園地やテーマパークでも保育士経験が活かせる

保育士のおすすめな転職先▶テーマパークの職員のお給料・お休みは

保育士の転職先
のおすすめはテーマパーク職員?

では保育士からの転職先を、このようなテーマパーク等に決めた際、待遇はどのように変わるのでしょうか?

皆さん転職するにあたって1番気になるところだと思いますので、早速調べてみました。

人気なテーマパーク、

東京ディズニーランドやよみうりランド、チームラボの求人の時給を見てみると、平均して1000~1300円でした。

時給が1000円を切ることはなく、ほかのアルバイトと比べると多少高給になっている傾向です。

もちろん正社員の求人もあり、そちらでは月給の平均は20万円~23万円ほどでした。

保育士から転職して劇的にお給料がアップした!ということはあまり望めませんが、保育士とはまた違った良さがあるので転職先としてはおすすめです!

ぜひ子どもたちの思い出に、あなたも参加してみませんか?

ちなみに勤務形態やお休みに関しては、レジャー施設などは年中無休や長時間営業が多く、基本的にはシフト勤務になるでしょう。

「決まった曜日に休みが欲しい」、「夜間は働けない」など不規則な休日や勤務時間に対応できない場合は、採用してもらえない可能性が大きくなります。

お子様がいらっしゃる方や固定曜日・固定時間で働きたいという方は難しいかもしれませんので注意してくださいね。

保育士のおすすめな転職先▶テーマパークの職員での注意点

おすすめな転職先、保育士からテーマパーク職員

それでは次に、テーマパークで働く際の注意点をご紹介していきますね。

テーマパークでは先程の不規則なシフト時間によるデメリットは先程紹介しましたが、それ以外にもまだ何点かありますのでよく心に留めておいて頂けると嬉しいです!

【注意点1】

他の仕事も兼業することも!

テーマパークの仕事!といっても、ただ子どものお世話をしていればいい、というわけではないんです。

もちろん保育園でも書類仕事や行事の企画があったりなど保育以外の仕事も担っていたと思います。

同じようにテーマパークでも顧客の誘導や商品管理、清掃など、他の業務を兼任する可能性が多く、場合によっては力仕事が発生することもあります。

兼業の有無は施設によって全く違うので一概には言えません。

念の為に選考の際に業務内容をしっかりと確認しておくのをおすすめします!

【注意点2】

正規雇用(正社員)より非正規雇用(パート・アルバイト)が多い

テーマパークでは正規雇用よりも非正規雇用で人員を確保することが多く、非正規雇用から正規雇用への移行をすることの方が多いようです。

なのでどうしても正規雇用(正社員)で働きたい!とお考えの方は、ぜひキャリアアップ制度やいずれ正社員登用があるのかを確認しておくことが絶対です。

もちろん正社員での求人を出している施設もたくさんありますので、くじけず探してみることもおすすめします!

保育士のおすすめな転職先、テーマパークの職員はいかがでしたでしょうか?

今回は保育士の転職先としておすすめな、テーマパークなどのレジャー施設への転職についてご紹介してみました。

子どもと関わることについては保育園と同じですが、働く環境は全く変わってきます。

しかし、子どもたちの思い出を作れる仕事。

あなたもきっと子供の頃に家族で行った、遊園地やテーマパークの思い出はありませんか?

子供と関わる事のできる、保育士経験の活かせる仕事ですのでぜひ興味があったら転職先に選んでみてくださいね。

転職先はテーマパークに決めた!という方は、ぜひこちらから求人を探してみて下さい。

保育士のおすすめな転職先・テーマパーク職員|求人ボックス
保育士のおすすめな転職先・テーマパーク職員|indeed
保育士のおすすめな転職先・テーマパーク職員|転職ステーション