home ホーム

保育士のおすすめ転職先を解説するほいてん
保育関連職 or 異業種?

保育士からの転職先にプログラマー?おすすめポイントはお給料や残業時間!

保育士の転職先にプログラマー?この転職先をおすすめするのにはこんな理由があった!

このまま保育士を続けていても金銭的にも時間的にも体力的にも苦しい。。。

そんなことを考えながら求人サイトを見て一般企業への転職を希望している保育士の方は多いのではないでしょうか?

こちらの記事では保育士からの一般職への転職は難しいと書かれていますが、実はそうでもないそうなんです!

保育士を辞めた人が遭遇する厳しい現実と対策

実は保育士から一般企業への就職は難しいことではありません!

売り手市場の現代社会で自分らしい生き方を掴みましょう!

保育士からの転職先に一般企業を選ぶのはこんなメリットが!

保育士のおすすめ転職先はプログラマー

保育士からの転職先に一般企業を選ぶのはメリットは、これらのサイトで詳しく記載されています。

保育士から転職(事務職や異業種)は正しいやり方で実現できるから諦めないで
「保育士から異業種へ」未経験から転職できる仕事とは?

これを見たら今すぐ転職先を探したい!と思う保育士の方は多いと思います。

ぜひおすすめな情報が多く掲載されているのでご覧になってみてくださいね。

保育士からの転職先には、プログラマーがおすすめ

転職したい保育士さん!おすすめな転職先はプログラマー

保育士からの転職先にプログラマーを選択する!ということは不可能だと思っていませんか?

未経験でハードルが高いというイメージを持たれがちな「プログラマー」ですが、実は最近では異業種から転職する人が非常に多い職種です。

保育士がプログラマーになるなんて無理でしょ!と思う方はこの記事を最後まで読んでいただければ納得していただけるかと思います。

まずは保育士の特徴を知ろう

保育士のおすすめな転職先は

こちらのサイトでは保育士の方の特徴が書かれています。

【保存版】保育士の転職先まとめ!保育士はどこに転職するのがおすすめ?

この中で特に注目すべきなのがこちらの3つです。

・体力に自信がある

・メンタルが強い

・幅広い世代とのコミュニケーションができる

この3つの特徴はプログラマーになる人にとって非常に重要なスキルです。

保育士の方でもまだ自信がない…というスキルがあれば、転職先を定める時期に培っておくのをおすすめします。

そんな重要なスキルをすでに身につけている保育士さんたちを欲しがるWEB系企業は多いということをおわかりいただけますでしょうか?

さらに今はどの一般企業もプログラマーを欲しており、未経験でも採用してくれる会社も多いので今が絶好のチャンスでもあるので本当におすすめなんです!

保育士におすすめしたい転職先◇プログラマーの将来性

保育士の転職先におすすめなプログラマーの将来性

経済産業省のレポートが打ち出した、将来的なITエンジニアの大幅な人材不足の試算によると、

2020年:36.9万人不足

2030年:78.9万人不足

という、深刻なIT人材の不足が予想されているのです。

つまり今のうちにWeb系の一般企業に転職した方が保育士でいるよりも将来性、給与面、時間の面でのメリットが非常に大きいと言えます。

保育士におすすめしたい転職先◇ププログラマーの種類

一般企業でのプログラマーといってもWebプログラマー、アプリケーションプログラマー、ゲームプログラマー、組み込み系システムプログラマー等に分類されています。

詳しくはこちらのサイトをご覧くださいませ。

プログラマーとは?プログラマーの種類と将来性

あなたの好き・興味のある分野を選んで頂くのをおすすめします!


保育士からのおすすめな転職先、プログラマーに転職した際の比較

転職先にプログラマーを選んだ際の保育士との比較1.収入面

保育士からのおすすめな転職先はプログラマー

こちらの参考サイトを見ると地域によって差はありますが、保育士の平均年収は約315万円となっています。

保育士の給与は総じて低く全業種年収ワーストランキングで見てランキングに入っていることがわかります。

実際の下記参考サイトを見ていきましょう!


年収の高い職業・低い職業ランキング|それぞれの手取りや生活

世の中に実際に様々な種類がある業種において保育士の平均年収は7位という結果になっています。残念な結果ではありますが事実です。

対して一般企業であるプログラマーの平均年収を見ていきましょう!

”保育士のおすすめな転職先を紹介するほいてん”で調べたところ、417万円となっており保育士に比べてもはるかに高いことがわかります。

転職先にプログラマーを選んだ際の保育士との比較2.拘束時間が短くなる

保育士のおすすめな転職先はこちら!

1 の収入面の話で保育士は意外とこんなにあるんだ!と思うかもしれませんがこれは残業代が含まれていない(いわゆるサービス残業込み)の金額なので労働時間に対しての金額はさらに低いかと思います。若い頃であれば長時間労働でも耐えられるかもしれませんが、年々と体に不調が出てきた保育士さんも多いのではないでしょうか?

こちらのサイトによると長時間労働をすると脳と心臓疾患のリスクが上がると出てます。体に負担がかかる保育士の仕事はとてもリスクがあると感じます。

さらにWeb系の一般企業ではホワイト企業の割合が多く残業が少ない又は残業代がしっかり支払われるので、

この金額差以上に保育士と一般企業(プログラマー)との大きい差があります。

またWeb系の一般企業ではリモートでの仕事を許してくれる一般企業もあるので自由な働き方を手に入れることも可能です。

転職先にプログラマーを選んだ際の保育士との比較3.将来的にスキルが上がれば独立も可能

最近ではフリーランスエンジニアという言葉をよく聞くようになりました。パソコン1台とスキルさえあれば努力次第で独立も可能で、

海外で働いたり、自分の好きな場所、好きな時間に働くことも可能になります。営業が苦手なプログラマーの方でも問題ありません。

最近では仲介をしてくれるエージェントを使えば比較的簡単に仕事を得ることも可能です。

気になる方はこちらのサイトをご覧ください。


実際に保育士からプログラマーに転職した人の例

それでは実際に保育士から一般企業であるプログラマーに転職した方の体験談を見てみましょう!

こちらのサイトでは保育士から一般企業(プログラマー)への転職正社員として転職した27歳男性の話を紹介してます。

こちらのサイトを読んでいくと元保育士のこの方は結果的に転職は大成功してます。や

はり保育士から一般企業への転職はこの方にとって大きなプラスとなっていますね!

個人的には異業種からの転職先に、プログラマーはとってもおすすめです。


保育士におすすめしたい転職先◇プログラマーへの転職まとめ

保育士におすすめな転職先、プログラマーまとめ

最後までご覧いただきありがとうございます!

保育士から一般企業(プログラマー)への転職は一度考えていただきたいおすすめの転職先です!

仕事をしながらの転職活動は確かに大変です。しかしそこさえ乗り切ってしまえばあなたの環境はガラっと変わるはずです。

自分らしい働き方を手に入れて一度きりの人生を楽しんでいきましょう!

今回ほいてんが紹介したプログラマー以外の保育士におすすめな転職先はこちらでも解説されています!

保育士からの転職先は一般企業ではなく保育関係職に!とお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【保存版】保育士の転職先まとめ!保育士はどこに転職するのがおすすめ?

プログラマーはちょっと敷居が高い…という保育士の方は、ぜひ他の一般職も検討してみてくださいね。

保育士から転職(事務職や異業種)は正しいやり方で実現できるから諦めないで

▼保育士から他の転職先に進むことのメリットを掲載しています。

保育士から転職したい・・~みんなの転職先やメリットについて~

▼保育士さんにおすすめな転職先が掲載されています♪

保育士の転職先はどんなところがある?