home ホーム

保育士のおすすめ転職先を解説するほいてん
保育関連職 or 異業種?

保育士からの転職先に幼稚園教諭補助に?おすすめする理由とは

保育士として働く皆さんこんちには!

保育士のおすすめの転職先を紹介しているほいてんです!

今回保育士から転職したいと考えている皆さんに、またまたおすすめな転職先をご紹介したいと思います!

その名も…「幼稚園教諭補助」!!

「保育士なのに幼稚園教諭補助?保育補助ならわかるけど…」という声が聞こえそうですが、まあまあ一旦聞いて下さい!

保育士なのに転職先は幼稚園教諭補助?

保育士からのおすすめな転職先、幼稚園教諭補助

なんでわざわざ、保育資格を持ってるのに幼稚園教諭補助なの?と思いますよね。

ちなみに保育士から保育補助の転職はこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

保育士の負担を軽くするなら、転職先を保育補助に定めるのをおすすめします

幼稚園教諭と保育士は、皆さんご存知だと思いますが違う点がたくさんありますよね。

「保育士として働いているのがもう疲れちゃった」「保育の仕事はしたいけど、ちょっと保育園から離れたい」という方に気分転換になればいいなと、今回は幼稚園教諭補助という転職先をおすすめさせていただいています。

更に正職保育士から幼稚園教諭補助に転職した場合、フルタイムでなくゆったりと働くことが出来るので疲れてしまった保育士さんにもおすすめ。

幼稚園と保育園ではきっと違う風を感じられると思いますし、保育園だけではなく幼稚園でも働いてみたいけどもう子どももいるし…という方にもどんどんチャレンジして欲しい!と思います(*^^*)

いい気分転換やスキルアップにもなるのではないでしょうか?


保育士のおすすめ転職先・幼稚園教諭補助ってそもそもどんな仕事?

保育士からの転職先は幼稚園教諭補助

幼稚園教諭補助って?

幼稚園教諭補助は、その名の通り正職員の幼稚園教諭のサポートを担う職員です。

幼稚園教諭と違って非正規ならフルタイムで働くこともないので幼稚園教諭と比べると肉体的にも精神的にも余裕があると思います。

勿論担任を持たずフリーの先生、といった位置づけになりますからやりがいを感じられない!という印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。


保育士のおすすめ転職先・幼稚園教諭補助の仕事内容は?

保育士のおすすめな転職先は幼稚園教諭補助?

それでは、もうご存知の方も多いと思いますが、幼稚園教諭補助の仕事内容について解説していこうと思います。

そんな幼稚園教諭補助のお仕事。

では実際の仕事内容を見ていきましょう。

幼稚園で働く幼稚園補助の仕事は、大きく分けて2つ。

子供の保育活動の補助と、お掃除やおもちゃの整理などの保育には直接は関わらないお仕事です。

まず1つ目の保育に関する幼稚園教諭補助のお仕事は、例えば着替えやトイレの補助、食事の補助など、子供のサポートを行います。

また、出勤時間によってはバスの乗員を任されることもあります。

先程も述べた通り、幼稚園教諭補助は担任を持たないのでその時と場合によって業務内容が変わります。

臨機応変な対応が求められますので、機転を効かせて励みましょう♪

そしてもう一つ。

子供と直接的に関わりはないですが、こっちも幼稚園教諭補助の大事なお仕事です。

それは掃除や洗濯、学習の準備、掲示物の制作など。

担任の幼稚園教諭だけでは手がまわらないこともたくさんありますので、準備や後片付けなども幼稚園教諭補助が担います。

雑務も結構あるので、心にとめておいて下さい。


▼保育士のおすすめな転職先、幼稚園教諭補助は、こちらのサイトでもおすすめしています。

保育士の転職先にはどんなところがある?ベビーシッター、施設、事業所内保育など

保育士のおすすめ転職先・幼稚園教諭補助が担当しない仕事は?

保育士の転職先には幼稚園教諭補助がおすすめ

そして、幼稚園教諭補助が全く担当しない仕事ももちろんあります。

それは何かというと、書類作成などの処理。

こちらは大変重要かつ責任のある業務なので、有資格・無資格に関わらず幼稚園教諭補助は担当しない業務です。

他にも基本的には保護者とのコミュニケーションを図る連絡帳の記入も幼稚園教諭補助は担当させない幼稚園が多い傾向にあります。

こちらは保護者からの育児の相談や子供の体調などの相談や連絡が含まれることが多々あるので、専門知識や資格や経験がある担任の幼稚園教諭が担当します。

勿論幼稚園教諭補助に専門知識や資格や経験がない!というわけではありません。

やはり”責任”という面では、幼稚園教諭に任せるべき業務なんです。

他にも幼稚園教諭補助は行事予定や保育計画には携わりません。


▼こちらのサイトでも、保育士からのおすすめな転職先・幼稚園教諭補助の紹介をしています。

幼稚園教諭の退職後のおすすめの転職先!結婚後も資格を生かせるのか?

保育士資格しかないけど幼稚園教諭補助に転職できる?

転職先は幼稚園教諭補助がおすすめ(保育士)

保育士の資格しか持ってないけど、幼稚園教諭補助に転職できるの?という疑問、そうですよね。よくわかります。

全国の幼稚園教諭補助の求人を調べてみたのですが、約半数の幼稚園教諭求人が「幼稚園教諭免許お持ちの方」と表記されていました。

しかしその半数は「保育士資格をお持ちの方もご相談ください」「幼稚園教諭免許または保育資格」と表記がありました。

なので保育士からの幼稚園教諭補助への転職は可能なようです!

安心してくださいね。


保育士のおすすめ転職先・幼稚園教諭補助の時給は?

保育士の転職先におすすめしているのは幼稚園教諭補助

基本的には幼稚園教諭補助は非正規で時給制で働いています。

先程の厚生労働省の調査では、要点で働く非正規雇用者の平均時給は約1300円。

実際に幼稚園教諭補助(indeed(幼稚園教諭補助の求人一覧))の求人を見てみると

幼稚園教諭補助のお給料も平均して1200円~1,500円の間くらい。

もちろん地域差はあると思いますが、一般のアルバイトやパートよりも高めに設定されている傾向があります。

幼稚園教諭補助は無資格でも働けますが、やはり幼稚園教諭資格や保育士資格を取得している方のほうが時給が100円~300円ほど違いました。

そんなもん?と思うかもしれませんが、週4日、1日8時間働いた場合で計算すると、時給300円違うだけでも4万円弱変わってきますので大きいですよ~~!

ぜひしっかり求人票を確認することをおすすめします!


保育士のおすすめ転職先・幼稚園教諭補助に転職するメリット

保育士の転職先には幼稚園教諭補助を

では最後に、幼稚園教諭補助に転職するメリットをご紹介していきますね!

・新しい環境で知識の幅が広がる

・フルタイムではなく時間に余裕をもって働ける

・残業や持ち帰り仕事がない

・責任を感じすぎず、すぐに担任幼稚園教諭に相談できる環境

いかがですか?

幼稚園教諭補助としてなら、自分が働きたいだけ働くことが出来ますし、残業になればその分の時給をしっかり支給する幼稚園が多いです。

正職保育士として働いていると、サービス残業や持ち帰り仕事は当たり前。

働いている時間が長すぎて、心身共に疲れちゃった…という方には保育補助や幼稚園教諭補助の働き方は理想的だと思います。

ぜひ1度、ご自身の体を休めてみてはいかがですか?

確かに収入は下がってしまいますが、今までのサービス残業や持ち帰りの仕事がくなればや負担は格段に減ります。

ぜひ保育士の仕事に疲れてしまってたり、幼稚園でも働いてみたい!と感じる機会があれば、まずは幼稚園教諭補助として働いてみることをおすすめします!

転職先の候補に、幼稚園教諭補助もいれてみてくださいね!

それでは、今回の「おすすめ転職先」は幼稚園教諭補助でした!

▼保育士のおすすめな転職先、幼稚園教諭補助求人はこちらのサイトからも検索できます。

保育士におすすめの転職先・幼稚園教諭補助求人|保育のお仕事
保育士におすすめの転職先・幼稚園教諭補助求人|ジョブメドレー

▼保育職以外の転職先をお探しの方はこちらを御覧ください。

「保育士から異業種へ」未経験から転職できる仕事とは?
保育士を続ける?職種を変える?経験者に聞いた保育士さんの転職先
保育士から転職して460万以上を目指せる転職方法を大公開!