home ホーム

保育士のおすすめ転職先を解説するほいてん
保育関連職 or 異業種?

保育士の負担を軽くするなら、転職先を保育補助に定めるのをおすすめします

皆さんこんにちは!保育士におすすめの転職先を紹介するほいてんです!

今回紹介したいおすすめな転職先は保育補助。

え?正職員の保育士から保育補助?とお思いの方も多くいらっしゃると思いますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。


【保育士の転職先のおすすめ参考サイト】

保育士を辞めた後の転職先ってどこがある?転職理由や考えること
【保存版】保育士の転職先まとめ!保育士はどこに転職するのがおすすめ?

保育士の転職したくなるポイントは?

保育士のおすすめな転職先は保育補助!

突然ですが、保育士という仕事に疲れしまってはいませんか?

保育士の仕事の中で、皆さんが辛い、辞めたいと感じるポイントをいくつか挙げてみました。

保育士の転職したくなるポイント①お給料が安い

保育士というと、やっぱりこちら。

保育士のお給料の平均は221,900円で、確かに多いとは言えないんです。

昨今では処遇改善案やキャリアアップ研修などによって多少は改善されては来ましたが、それも一部の保育園、一部の保育士にとどまっているよう。

こんなに働いてこれだけ?残業代は?とがっかりするのは嫌ですよね。


保育士の転職したくなるポイント②残業、持ち帰りの仕事、休日出勤の多さ

そして次に保育士の辛いポイントは、仕事量の多さではないでしょうか?

保育士不足でたたでさえ人手が足りず、事務仕事や壁面展示、行事の準備などは残業や持ち帰り、休日出勤で補っている保育士さんも少なくないのではないでしょうか?

なのに残業代はなし。

朝から晩まで働きづめて、気がついたらプライベートな時間はまるでない!それは疲れちゃいますよね。


保育士の転職したくなるポイント③人間関係

保育士という仕事は、全体の男女比は未だに0.5:9.5。

女性の方が断然多い職場です。

男女比がどちらかに傾いていると、職場でもトラブルが起きがちではないでしょうか?

いじめにあった保育士さん、園内に派閥が出来ていて働きづらさを感じる保育士さんはいませんか?

更に園長や主任との保育方針の違いを感じている保育士さんはいませんか?

逆に女性が大半な園の中で、肩身が狭いと感じている男性保育士さんはいませんか?


保育士の転職したくなるポイント④責任重大でしんどい

保育士の仕事は子どもを預かり、事故なく安全に保育をすること。命を預かっていると思うと責任が重すぎてしんどくなってしまってませんか?

安全に過ごすために一瞬も気が抜けずずっと緊張状態。

大きなストレスになってしまいますよね。

ですが保育園の中に頼れる先輩や上司がいれば、1人にかかる責任はそこまで重くないはずですし、なにかあったら相談出来ます。

きっとあなたが過剰な責任やストレスを感じているとするなら、環境のせいもあるかもしれませんよ。


保育士を一旦辞めて、転職先に保育補助を選んでみませんか?

保育士のおすすめな転職先、保育補助の紹介

「保育士しててもお給料低いし労働時間長いしほんとしんどい。他の転職先探したい」と考えていても、「だけど他の転職先って言ってもやっぱり保育士がいいな…」と思いませんか?

それなら一時休戦!ということで、一旦パートやアルバイトという雇用形態になってしまうことがほとんどですが、保育補助として働いてみませんか?

 保育補助なら時給制で働くので残業した分までお給料が発生しますし、人間関係においても”保育補助”という点で見たら少しはラクになるかもしれませんよ。

ちょっと休憩や息抜きになるかもしれませんので、ぜひ転職先候補として考えてみて下さい。

休憩するのも大事ですよ♪


保育士のおすすめな転職先:保育補助のメリットは?

それでは保育士の転職先を保育補助に決めた際のメリットをご紹介していきますね。

保育補助に転職したらメリットも多くあるのでおすすめです!


保育士のおすすめな転職先:保育補助のメリット1【プライベートの時間も確保できる】

先程解説したように、昨今では保育士の退職理由として「仕事量の多さや残業の多さ」が挙げられます。

保育職に従事してない人からは「保育士なんて子供と遊ぶだけでしょ?」と思われたりもするのですが、それは大きな間違いですよね。

園児の保育にも園児全員のれんらく帳や毎月のクラス便り、毎日の生活計画、運動会やクリスマス会、発表会などのイベントの計画や準備…

毎日バタバタでお昼ご飯を食べる時間もないというときもザラ…。

そんな慌ただしい保育士としての毎日に疲弊してしまって、保育士から転職したいと思う方も多いですよね。

ですが保育補助なら週に3~4日、1日5~6時間の労働で自分のプライベートな時間もガッツリ確保しつつ、時間に余裕を持ちながら働けるのではないでしょうか?

保育補助なら自分で働く日数や時間も決められますし、自分のライフスタイルを自分で決めることが出来るのでおすすめです!


保育士のおすすめな転職先:保育補助のメリット2【お給料も意外といい】

みなさん、保育補助求人の時給ってどのくらいかご存知ですか?

東京・千葉・神奈川・埼玉をターゲットとした厚生労働省の2017年2月度に行った保育補助の時給調査では、平均時給は1,031円。

前月の2017年1月での保育士募集時時給は1,023円であることから、わずかですがアップしています。

今度も人手不足や待機児童の増加から、まだまだ保育士の需要は高まりますのでここから下がるということはないと思います。

皆さんは今現在正職保育士として、残業・持ち帰り・休日出勤を含めると1日何時間働いていますか?

もし月給を労働時間で割ってみたら、1000円切ってた!コッンビニバイトより低いじゃん!てか最低賃金下回ってる!という保育士さんを何人も知っています。

どっちが自分が得するのか、よかったら検討してみるのをおすすめします!


【保育士からのおすすめ転職先、保育補助参考サイト】

保育補助で無資格でも保育園で働ける!保育補助のメリット・デメリットとは?
【保育園・幼稚園】資格が無くてもOK!「保育補助」ってどんなお仕事?働き方・仕事内容・お給料まで徹底解説!!

保育士の転職先:保育補助のメリット2【責任が少し軽くなる?!】

先程もあげたように、保育士の退職・辞職理由の一つに、「責任が重くて精神的に辛い」というものが挙げらるのをよく目にします。

子どもの命を預かるということは、本当に一瞬も気が抜けない大変な仕事です。

”保育士”という仕事に真剣に向き合っているからこそのお悩みだと思います。

確かに職業安定局が行った「保育士資格を有しながら保育士としての就職を希望しない求職者に対する意識調査」の結果では、「責任の重さ・事故への不安がある」にYESと応えた保育資格保有者はなんと40%も。

そこで、パート保育士のメリットとしてあげる、”責任・負担の軽減”。

多少語弊があるかもしれませんが説明させてください!

保育士補助は短時間であるため、もちろん担任や主任保育士にはなれません。

フルタイムでの勤務だとしても、基本的には担任保育士は正職員に任せるもの、というのが基本です。

そんな保育補助の立ち位置は、基本的には担任保育士の補助やサポート。

保育補助の仕事内容も担任保育士によって変わってくるようなので一概には言えませんが、確実に言える事は担任を持つわけではないということ。

正職員として保育士として働いていた頃よりは「責任」という面では多少ストレスが少なくなると言えますね。

具体的な仕事といえば、例えば集団行動の中で遅れてしまったり、担任保育士がカバーしきれなくなってしまた園児のフォローやサポート。

更に食事の補助やおひるねのつきそい、お散歩の引率や遊びまで。

保育業務以外では園内の掃除や行事での園内の飾り付けや掲示物の作成、時には書類作成。

大体、保育補助の業務内容はこのようなものとしている保育園が多いようです。


保育補助の場合は何かあれば担任保育士に連絡・相談。

担任をもっている保育士よりも相談できる相手が多いので、一人で責任を抱え込む必要はなさそうなので安心です!

しかし、認可外保育園や新設保育園では0歳から5歳児の各クラスの担任を保育補助に任せる保育園もあるんだとか…。

なのでしっかり保育補助の求人募集に応募するまえに求人票を確認し、曖昧な記載であれば面接時に再度直接尋ねてみるのをおすすめします。


いい保育補助の転職先の探し方・選び方は?

保育士からの転職先は保育補助がおすすめ

おすすめな転職先、保育補助。

それでは、あなたが今よりもいい転職先に転職できるように、いい保育園・いい保育補助求人についてお伝えさせてください!

転職先保育園の求人を選ぶとき、転職先候補の園見学に行った際など、下記のことに注意してみてください。

・明らかに人手が足りていない保育園は避ける

・勤務時間や勤務日数をフルタイム以下に抑えておき、仕事量の荷重を少なくする

・パート保育士の仕事の割合を質問する

・運動会や発表会など土日に出勤することがあるかを確認する

・ママさん保育士は扶養内で働ける保育園であるかを確認する

保育補助求人は、保育士求人サイトからも探すこともできますし、ハローワークなどの職業安定所でも多数求人は揃えてあるようです。

皆さんもぜひ1度確認してみてくださいね。


保育士のおすすめな転職先・保育補補助はいかがでしたか?

保育士からおすすめな転職先なら保育補助

おすすめな転職先候補、保育補助はいかがでしたか?

正職保育士→保育補助(パート・アルバイト)への転身なので転職先、と言っていいのかわかりませんが、

あなたの保育士としての働き方やストレスが少しでも少なくなればいいなと思いご紹介させていただきました!

なるべくいい保育園で働くために、保育園選びは慎重に。

ぜひこの記事を参考に、転職先を選んでみてくださいね。

保育士から保育補助に転職するメリットもたくさんあるのでぜひおすすめです!

それでは。


【保育補助の転職先を探す際におすすめな転職エージェント】

保育補助におすすめの転職サイト・エージェント比較5選
保育補助の求人情報|女の転職Type
保育補助の求人情報|クリエイト転職
保育のすすめ