home ホーム

保育士のおすすめ転職先を解説するほいてん
保育関連職 or 異業種?

保育士の転職先に「くもんの先生」のおすすめポイントは?

みなさんこんにちは!保育士の転職先を紹介するほいてんです!

突然ですが、保育士はお給料も他の国家資格に比べると低賃金。

更に保育士として働く皆さんは残業代も支払われることも少なく、持ち帰りの仕事や行事前は休日出勤も当たり前。

お給料が低いのにお休みも少なく、疲弊されている方も多いのではないでしょうか?

更に保育士業界は男性保育士が増えてきたとは言え、まだ94%ほどは女性。

女性・男性に関わらず、性別が偏る職場にはトラブルもつきものですよね。

実際に保育園で勤務していて、いじめやパワハラなどを苦にして退職してしまう方も多いです。

更に男性保育士も肩身の狭さや保護者からの「娘のおむつ替えを担当しないで」との声があったりで離職率も高いそうです。

▼保育士の方が転職したいと思うポイント・いい転職先の選び方はこちらを御覧ください。

転職したい保育士必見!最高の職場に出会うためのポイント集

そこで保育士から転職したい!と思っている方に向けて、他の転職先をご紹介していきます。

そして今回保育士の皆さんにご紹介するおすすめな転職先は、「くもんの先生」!

できたら保育士以外に子どもとか関われる転職先ないかな…と思っている方にはぴったりな、おすすめの転職先ではないでしょうか?

なぜくもんの先生がおすすめなのかこれから解説していきますね。


おすすめ転職先・くもんの先生とは?

保育士からくもんの先生に転職先を定めようおすすめポイントとは

まず、「くもんって何?」「くもん自体は知ってるけど普通の塾と何が違うの?」そんな方もいらっしゃると思いますので、くもん式とは何か?を紹介していきますね。

くもんの特徴

1.個人別・学力別学習

公文式は、年齢や学年にとらわれず、一人ひとりの力に応じた「ちょうどの学習」で、「学年を越えて進む」学習法です。

学ぶ楽しさやできる喜びを育みながら学力を高め、一人ひとりの能力を最大限に伸ばします。

2.自学自習で進む

「自ら学ぶ力」を大切にしている公文式では、教材を自分で読み、考え、解き進んでいく「自学自習」形式で学習を進めていきます。

答えを自分で導き出していく力は、やがて夢や目標に挑戦する力になっていきます。

3.スモールステップの教材

公文式の教材は、やさしい問題から高度な問題へ、非常にきめ細かな「スモールステップ」で構成されています。

ですから、常に一人ひとりにあった「ちょうどの内容」を、自学自習でスムーズに進んでいくことができます。

4.KUMONの指導者

「一人ひとりのできること」を見つけて、可能性を引き出す存在。それが公文式の指導者です。学力や個性・気持ちをきちんと把握したうえで、「ちょうどの学習」ができるようにサポートします。

(引用:くもん公式サイト


以上のようにくもんでは、子ども一人ひとりにあった学習を行い、学ぶ楽しさや喜びを育むといったような学習方針です。

塾と同じようなニュアンスですが、もっと一人ひとりの個性や学習レベルに合わせた学習内容を行っています。

くもんの先生というのは、新規開設・引き継ぎ開設という2つの選択肢があるんです。

新規開設は自身で会場選びから内装まではじめから教室を作る、比較的自分のペースではじめられる、というメリットがあります。

それとは別に、既存で開設している教室を引継いで指導してくださる後任者も募集しています。

初めてだから不安…という方には、引き継ぎから始めるほうが良さそうですね。

ちなみに2015年のアンケートではくもんの先生を始めた方のうち、約7割が引継開設でした。

初めての方には引継開設がおすすめです。


保育士におすすめ転職先・くもんの先生にはどうやってなるの?

保育士の転職先でおすすめなのはくもんの先生

でも教員免許や高学歴ってわけじゃないのに先生なんて慣れるのか不安…という方ももちろんいらっしゃると思います。

ですがくもんの先生になるのは、教育免許や特別な資格は必要ないんです!

ちなみに幼少期にくもんの教室に全く通ってことがないという方も、実際にくもんの先生として働かれているようですよ★

更にこちらのデータでは、過去に塾講師などの指導経験ナシ!という方は49%、くもんの教室に通っていた経験があると答えた方はなんと29%のみ。

そんな方でもくもんの先生として働いています。

(参考:くもんの先生募集|くもん公式サイト


くもんは自宅で開業することになりますが、既存で開講している教室のスタッフとして働くことも可能です!

ちなみにあまり勉強が得意じゃないな…と心配される方もいらっしゃると思いますが、採点や先生のサポートといったポジションで働くことも出来るのでおすすめです。


保育士におすすめな転職先・くもんの先生になる方法は?

保育士のおすすめな転職先はくもんの先生。

それではくもんの先生に転職する方法をご紹介していきましょう。

まずくもんの先生になる必須条件は、年齢が55歳以下であること。以上です!

さっきもお話したとおり、教員免許や特別な資格は必要ありません。

それどころか、保育士資格を持っている方なら子どもに接することが慣れているため、いいアピールポイントになることでしょう!

保育士におすすめな転職先・くもんの先生はサポートが充実

指導経験もないし資格もないし、採用されたとしてもうまくやっていけるか不安…と思う方もいらっしゃると思います。

そんな方でもくもんならサポートが充実しているので安心なんです!


くもんのサポート1.教室開設前の豊富な研修

無料で約2か月間、5回にわたって以下の様々な研修が受けられます。

  • 公文式指導の方法
  • 教材に関する知識、解説
  • 保護者とのコミュニケーション方法
  • 教室を運営していく上でのノウハウの学習
  • 先輩の先生との交流

ちなみに研修の場所は、主に各地域を管轄する事務局にて行っているようなので遠すぎて行けない!ということも無さそうですし、教室見学や研修にかかる交通費はくもんが実費を支給してくれるそうです。


くもんのサポート2.指導に関しての独自のマニュアルの配布

始めたばかりの先生でも生徒からの質問にスムーズに答えられるよう、くもん独自の資料・マニュアルをご用意しています!


くもんのサポート3.先生専門ダイヤルあり!

教材の解き方やヒントの与え方など、生徒からの質問にも安心して対応できるように、先生専用の教材相談ダイヤルを設置しています。

教室時間中でもご利用できます。


くもんのサポート4.各先生にKUMONの担当スタッフが手厚くサポート

各先生に対して経験豊富なくもんの地域担当スタッフがつき、手厚くサポートしてくれます。

教室を開設・運営するに当たり、疑問点やお困り事があれば、気軽に相談することができます。

  • 運営面のサポート
  • 研修アドバイス
  • 教室スタッフ(アルバイト)の採用アドバイス
  • 指導に関するアドバイス
  • 保護者とのコミュニケーションに関する相談
  • 教室のレイアウトに関するアドバイス
  • 生徒指導に関する相談
  • 教室スタッフ(アルバイト)の人数に関するアドバイス

くもんのサポート5.他教室への訪問・見学

教室を運営していくうちに、悩みや不安なことが出てくると思います。

他の教室を見学・訪問できる機会もあり、具体的なアドバイスを聞くことができます。


くもんのサポート6.教室を開いた後も、様々な研修を用意

教室開設後も、先生仲間で集まって様々な研修が受けられます。(2年間で10回程度)

  • 様々な子どもやケースに対する指導方法
  • 保護者の方へのよりよい対応方法
  • 生徒への細かな声かけの仕方
  • 実績・経験のある先生(インストラクターアドバイザー)への相談

このように、くもんのことを何も知らない方や指導経験がない方でも安心してくもんの先生になれるようなサポートが目白押し。

なにか困ったことがあればすぐにスタッフに相談出来るのも嬉しいですよね。


以下は、くもんの先生として働いている方のコメントです。

子どもに教える経験がなかった私が、天職と思えるこの仕事

二児の母。当時KUMONを学習していたわが子の参考になればと、軽い気持ちで説明会に参加したことからこの仕事に興味をもち開設へ。

開設する前は子どもに何かを教える経験がなかったので、自分にできるという自信はまったくありませんでしたが、基本から学べる充実した研修と、担当スタッフや先輩の先生方のサポートを得ることで楽しく教室を続けることができています。

今はこの仕事が天職だと、胸を張って言えるほどです。


保育士におすすめな転職先・くもんの先生の働き方は?収入は?

保育士からの転職先におすすめなのはくもんの先生?

では、転職先にくもんの先生を選んだ場合、どんな働き方になるのでしょうか??

更に収入はどうなるの?

くもんの先生ってわからないことばかりですよね。

まずはくもんの先生の働き方について。

保育士さんの中には小さい子どもがいるから長い時間は働けない…という方も多くいらっしゃると思います。

なので小さいお子様(6歳と4歳)がいらっしゃるくもんの先生の1週間のモデルをご紹介しますね。


月曜:教室日

火曜:フリー(子どもと過ごしたり家事をして過ごす)

水曜:事務局で講座授業や事務仕事(採点や教材の準備など)

木曜:教室日

金曜:フリー(子どもと過ごしたり家事をして過ごす)

土曜:フリー(子どもと過ごしたり家事をして過ごす)

日曜:事務仕事(採点や教材の準備など)


コメント:

教室の片付けや教材セットなどは子どもがいない午前中に教室で行い、家でできることは子どもが寝た後に自宅で行うなど、時間の使い方の工夫ができるのは、とてもありがたいです。

自宅からすぐのところに教室を開設でき、新設だったので最初は人数も少なく早く帰ることができ、無理なく教室運営ができたこともありがたかったです。


結構子どもがいる方や家庭を持っている方でもこのように時間に余裕を持ちつつくもんの先生として働かれているようですね。

保育士におすすめな転職先・くもんの先生の収入はこのくらい!月7万円のサポートも

保育士のおすすめな転職先はくもんの先生、その理由は

まず、くもんの先生を初めて1年目の年は、くもんから月7万円の援助が受けられるので「生徒があつまらなかったら…」の不安も解消。

2年めも5万円が毎月受け取れるサポートがあるようです。

スタッフ人件費・PR費・諸費用(光熱費など)・ロイヤリティなどの費用を除いて、生徒数や授業数によって変わりますが15~25万円ほどの収入を得られるそうです。

ちなみにこちらは貸会場の場合で、自宅開業になればもっと利益率は上がります。

自宅開業をされている方は20~25万円ほど。

保育士からの転職先を行ったら、収入アップを目指せるかと思います。


保育士におすすめな転職先・くもんの先生はいかがでしたか?

保育士の経験を活かせる転職先、くもんの先生。

最初は慣れるまで大変かもしれませんが、慣れてしまえばこっちのもの。

生徒と楽しく学習して、「先生!」と慕ってもらえる日がくるでしょう。

先程も説明したとおり、最初から自身で開設するのは不安だという方は、くもんで採点や教材を準備するアシスタントとして働いてみるのもおすすめです。

それでは、転職先の候補としてくもんの先生を考えてみてくださったら嬉しいです。

それでは!

▼保育士の転職先はこちらからもお探しになれます。

保育士、幼稚園教諭の求人一覧|女の転職Type
くもんの求人|indeed

▼他の保育士の転職先をお探しの方はこちらのサイトも参考になります!

保育士から転職したい方必見!転職できる職種にはどんなものがある? 【未経験でも】保育士から異業種に転職する上でおすすめの仕事 保育士を続ける?職種を変える?経験者に聞いた保育士さんの転職先