home ホーム

保育士のおすすめ転職先を解説するほいてん
保育関連職 or 異業種?

病児保育士はおすすめな転職先?保育士から病児保育士になるには

皆さんこんにちは!おすすめな保育士の転職先を紹介するほいてんです。

今回保育士として働いている皆さんにおすすめしたい転職先は、「病児保育士施設」。

保育士として保育園で働いている方にとってはもう詳しくご存知だとは思いますが、病児保育施設は流行り病や発熱などで保育園に登園できない子どもを一時的に預かってくれる施設です。

一般の保育園と病児保育施設、同じ保育士ですが働き方やお給料など、どのような違いがあるのでしょうか?

保育士からの転職先の1つの選択肢として、ぜひ考えてみてくださいね。


保育士のおすすめな転職先・病児保育とは?

保育士のおすすめな転職先、病児保育士

病児保育は冒頭でも説明したように、「子どもが熱をだしたけど休めない」「流行り病にかかって保育園に登園拒否されたけど家に子どもを診られる人がいない」。

そんな家庭のための施設です。

共働きや核家族化が進む今、需要が高まってきている施設なんです。

病児保育とは、主に保育所に通っている子どもが病気にかかった時に、保護者に代わって保育士が保育・看護する保育のことです。

一般的に、37.5度以上の発熱がある場合や、インフルエンザのような感染力の強い病気の時は、熱が引いても感染の恐れがなくなるまで保育園や幼稚園では預かることができません。

こうした際に、仕事を休めない保護者をサポートするのが病児保育です。

(引用:病児保育のお仕事の特徴 給与や資格は?)

病児保育では、医療機関というわけではなく、あくまでも保育施設。

ですが医療機関に併設していたり、近所に設置されていることも多く、子どもの具合が急変した場合などはすぐに医療機関と連携を取ることが可能です。

なので病児保育施設で働くにあたっては、絶対に看護師資格を持っていなくてはいけない!というわけではなく、保育士の資格だけでOK。

比較的一般の保育士から転職先を選ぶ際は、チャレンジしやすい職種だと思います。

他にも、医療機関に併設されている病児保育施設の他に、一般の保育施設に併設されている病児保育施設も。

こちらも子どもが通い慣れている保育園のそばに病児用の施設があるため、子どもにとってもリラックスでき早めに回復することが多いようです。


保育士のおすすめな転職先・病児保育の他に病後児保育も

病児保育士は保育士からのおすすめな転職先

病児保育は風邪、発熱などの病気にかかっている子どもを預かる施設ですが、それともう一方、「病後児保育」とうものも。

こちらは文字通り、水痘や風疹などの伝染病が治りかけで、感染の恐れがない時、風邪などにかかって、まだ保育園で預けられるほど回復していない時の子どもを預かる施設になっています。

更に病児保育施設には訪問型もあるんです。

訪問型の病児保育士は、子どもの家庭まで出向いて、家族が帰宅するまで保育します。

ベビーシッターを思い浮かべて貰えればわかりやすいかと思います♪

多少の違いですが、一応覚えておいてくださいね。


おすすめな転職先・病児保育の仕事内容

そして知っておきたい病児保育の仕事内容。

基本的には一般の保育園の業務と代わりはありませんが、病気の子どもを預かるわけなので慎重さにおいては保育園よりもより慎重に保育を行わなければなりません。

病児保育士の仕事内容としては…

・絵本を読む・手遊びなどの静かな遊びを中心とした保育

・検温や経過観察

・容態が急変した子どもを病院へ通院

・検温の結果や食事・排泄、1日の過ごし方などを記載した連絡票の作成


病児保育施設では、子どもの体調の悪化に備え、静かに過ごすことが基本です。

絵本の読み聞かせや手遊び、お絵かきなどなど。

子どもを飽きさせないように安静にしながら遊ばせるのはなかなか難しいかもしれません。

ここで保育士の経験が活かされると思います★

そして検温などで子どもの体調の悪化にいち早く気づけるように勤めます。

食欲のありなしや排泄などにも気を使うので、一般の保育園よりも少し大変かもしれません。

更に容態が悪化した子どもに対しては、併設された医療機関に付き添ったり、医療機関から多少離れた場所に設置された病児保育施設であれば救急車を要請することも。


そして最後、保護者に受け渡す際に当日の病児保育施設での過ごし方や子どもの体調についてなどを記載した連絡票を作成します。

食事の量、排泄、睡眠、また嘔吐はしていないか、検温の結果はどうかなどなど、一般の保育園よりも詳細に記載します。

口頭でも保護者とのコミュニケーションを大切にし、子どもが回復に向かうようにサポートするのも病児保育士の勤めになります。

病児保育士を転職先に選んだ場合、このような業務があることを頭にいれておいてくださいね。


おすすめな転職先・病児保育のお給料事情

保育士のおすすめな転職先・病児保育士

それでは大事な、病児保育施設のお給料面について。

やっぱり転職先を選ぶ際には大事なことですよね!

病児保育施設のお給料は、保育士の給与と同じもしくは平均より高めに設定されている傾向があるようです。

年収にすると350~450万円ほど。保育士と比べると多少はお給料のアップも見込めるのではないでしょうか??

ちなみに、医療機関の管理下にある病児保育施設だと運営元が医療機関になるのでお給料が少し高いようなので、転職先ではもっといいお給料をもらいたい!という方はぜひそういった病児保育施設に目を向けてみてください♪

更に医療法人運営の病児保育施設では福利厚生が充実していたり、有給が取りやすいことも。


おすすめな転職先・病児保育の休日事情

おすすめな転職先は病児保育士

今まで保育士として働いている方にとっては、残業の有無や休日の有無については大事な情報かと思います。

病児保育施設は日曜、祝日、年末年始、お盆休みは確実にお休み。

土曜日も開設している病児保育もあるので注意が必要。

正職員でもシフト制で働いているので、月~土のうちの5日間が出勤になります。

労働時間については、大体の病児保育施設は8:30~19:00ほど。

こちらも休憩を各自挟みつつ、1日8時間程度の労働になります。

基本的に行事や園長保育はないので、残業や持ち帰りの仕事は一般の保育士に比べると圧倒的に少ないのが魅力です!


おすすめな転職先・病児保育に関する資格って?

 病児保育士は転職先としておすすめ

病児保育士になるためには、特に資格は必要なし。

保育士資格を持っている方なら問題なく採用されると思います。

しかし、一応医療的な知識を持っていることに越したことはありません。

必須とうわけではありませんが、次の2つの病児保育関連資格も紹介しますね!

1.認定病児保育スペシャリスト

子どもの突発的な体調不良時に、保護者に代わって保育をする認定資格です。

日本病児保育協会が認定していて、18歳以上で、講座を受講し、24時間の実習を終えた方が資格を取得できます。

この資格を取得すると、保育士として活躍の幅が広がったり、保育関係の有資格者でない方が病児保育士として働くことができたりと、スキルの証明として使うことができます。

(引用:働くママの味方!「病児保育士」になるには~資格は必要?給料は?~


2.認定病児保育専門士

全国病児保育協議会が認定する、病児保育の専門性を高めるための認定資格です。
受験するためには以下の条件を満たしている必要があります。

保育士もしくは看護師の資格を取得している

全国病児保育協議会加盟施設に常勤として2年以上勤務している、または非常勤として2年以上施設に勤務し、週20時間以上働いている施設長から全国病児保育協議会所定の「施設長推薦状」を出してもらっている

全国病児保育病児保育協議会が開催する「病児保育専門士認定講座」をすべて受講している

書類審査を通過した後は研修会に参加して課題を提出、その後の面接と口頭試問に合格することで資格を取得できます。

(引用:病児保育士になりたい!仕事内容&働くメリット教えます)


▼保育士のおすすめな転職先、病児保育士の資格についてはこちらでも紹介しています。

保育未経験でもできる!?病児保育士の仕事・資格とは?!

保育士からのおすすめな転職先・病児保育施設はいかがでしたか?

今回は保育士からの転職先におすすめな病児保育施設をご紹介しました!

いかがでしたでしょうか??

医療の知識も付けられ、より一層深い保育が求められる病児保育士。

保育園のように毎日登園してくるわけではないので子ども1人1人の成長が見守れるわけではないので少々寂しさはありますが、病児保育士は子育てをしながら働く家庭の味方。

保護者から感謝されることがやりがいに繋がると聞きます。

ぜひ病児保育士、転職先の1つの選択肢に加えてみてくださいね!

▼こちらでも保育士のおすすめな転職先、病児保育士について紹介しています。

病児保育士になるには?資格や給料、求人情報を詳しく解説

▼保育士から一般職への転職はこちらをご覧ください。

【体験談】元保育士からの転職先|資格を生かした仕事や別の仕事や向いている仕事 保育士から転職して460万以上を目指せる転職方法を大公開!
保育士から転職するには?おすすめの職種や転職サイトを全て紹介【2020年最新】